基本的な飲み方

ごぼう茶の基本的な飲み方は至って簡単なものです。
自分で作ったものでも、市販のものでも、お湯を注いで自分の好きな濃さになったら飲めばいいだけです。

寒い冬はホットで生姜などをプラスして、暑い夏は冷蔵庫で冷やして氷を入れてもおいしくいただけます。

・食事のおともに
・のどの渇きを潤すため
・お風呂上がりの一杯
・寝起きの一杯

…など、特に効果のある時間が決められている訳ではありません。
体質にあっている方は、好きな時に好きなだけ飲めばいいのです。

朝晩だけでなく、外出先でも飲みたい方はマイボトルを持ち歩くのもいいですね。
粉末状のごぼう茶もありますし、軽いので持ち歩きにも便利です。

市販品は、それぞれ特徴や効果にも違いがあります。
使っている原料の質も異なるでしょう。
ただ、基本的に皮まで使っている場合がほとんどです。

ですから、自分で作る場合も皮まで使うのが基本です。
また、料理の時と違って、水に浸してアク抜きはしません。
大事な成分が流れ出してしまいます。

原料については、皮まで使うので無農薬で育てられたごぼうが理想です。
少なくとも国産を選ぶ基本を忘れてはいけません。
外国産は、農薬タップリだと思った方がいいでしょう。

ごぼう茶にもいろいろな基本があります。
単純なようですがしっかり押さえておきたい点でもあります。

健康茶ですので、しっかり続けてみることをおススメします。
一回や二回で効果が出る方があり得ません。少なくとも数週間から一か月くらいは続けてみることが基本です。


Tags:

 
 
 

コメントは停止中です。